NOVELIFE

読了した小説のささやかな記録。

『最悪』奥田英朗

うわぁ最悪。。

という言葉が、つい、口から漏れた。そして、タイトルを思い苦笑。その通りだと思った。

でもね。タイトルは「最悪」だけど、読後感は「最高」。ものすごく面白かった。



感想

なんという人物描写の巧みさ。人間の悪意や愚かさなど黒い部分を上手に表現する作家さんは結構いるけど、奥田英朗さんの小説には、なんというか、人間そのものが巧みに描かれているように感じる。すごい。リアル。


序盤を読んでいるときは、それ要らないんじゃない?っていう描写がちょこちょこあったんだけど、それも必要だったんだなって、後々になって気付かされた。


展開も面白いんだけど、それどころじゃない。兎にも角にも、登場人物たちにかなり感情移入してしまった。ストーリーに引っ張られるっていうよりも、登場人物に連れて行かれたという感じ。


これは傑作。