NOVELIFE

読了した小説のささやかな記録。

『イン・ザ・プール』奥田英朗


なんだか疲れてるな。なんて時、僕は浅田次郎さんの短編小説を読む。ほっ、とする。心が浄化されたような気がする。


趣は全然違うけど、今回読んだ奥田英朗さんの『イン・ザ・プール』にも、そんな作用があった。スッキリ晴れた。心が。今日は仕事が楽しかった。


作中に登場する患者さんたちではなく、救われたのは僕だった。癪だけど、伊良部先生に感謝しとく。



感想

こんな精神科医いるわけないだろう。と思わせる、突飛な言動をする伊良部先生。実際にいたら、大変かもしれない。でも、腹は立つけど、羨ましい。そんな魅力。


とにかく登場人物たちの心理描写が秀逸。みな自分と微妙に重なる。だからこそ、伊良部先生の言動から、感じるものは大きい。尊敬に値する。


精神的な病いは誰もが少なからず抱えていると思う。それに自分で気づいてしまった時、不安に感じた時、この小説を読んでみるのも良いかもしれない。


ただ。効果は、保証しない。笑