ミステリメモリ

ミステリな小説に関する外付けメモリブログ

『月光ゲーム Yの悲劇 '88』有栖川有栖


有栖川有栖さんの長編第一作。江神二郎と学生有栖川有栖シリーズ。





★★★☆☆ 8.0



感想

これぞ正統派といった感じ。シンプルに、犯人は誰なのかという謎を楽しむタイプ。

登場人物の個性的な魅力には少しかけたけれど(登場人物の数が多いから仕方ない)、全体的に親しみやすい人物たち(みな大学生)。

何故か宮本輝さんの「青が散る」を思い出したのは内緒。

さておき、全体的に読みやすい文体だし、本格的で正統派ミステリを好きになるキッカケになり得る作品であると思う◎