ミステリな記憶

ミステリな小説に関する外付けメモリブログ

【国内ミステリ】『メビウスレター』北森鴻 67点

北森鴻さんの長編。


内容

男子高校生が謎の焼身自殺を遂げた。数年後、作家・阿坂龍一郎宛に事件の真相を追跡した手紙が、次々と送りつけられる。なぜ阿坂のもとに?そして差出人の正体は?阿坂は人妻のストーカーに付け狙われ、担当編集者は何者かに殺害された。すべてがひっくり返る驚愕の結末とは!?

感想

終盤にかけて、驚きポイントが続いて引き込まれたけど、最後がイマイチすっきりしなかった。

物語的には、飽きることなく最後まで一気に楽しめた分、少し残念。

まあ十分面白かったし、雰囲気も好き◎

評価(好み偏重型)

謎への吸引力 ★★★☆☆
展開の吸着力 ★★★★☆
結末の意外性 ★★★☆☆
登場人物の個性 ★★★☆☆

ぽっさんポイント 15P

合計 67点

最後に一言

北森鴻さんと言ったら、やっぱり「香菜里屋」シリーズ。其処からは抜け出せず。